クレジットカード現金化は利率が高いから利用しない方が良いのか?

クレジットカード現金化の話になるとクレジットカード現金化の利率を気にする人も一定数います。
中にはクレジットカード現金化は利率に換算すると高いから利用しない方が良いと思う人もいるようです。
ですが、そうとは言い切れないです。

利率以上の利益がある

クレジットカード現金化は借金ではないです。
ですが、無理やりこれを借金した場合で考えると利率が高いということになります。
ただ、勘違いしてはいけないのはなぜクレジットカード現金化を利用するかということです。
その理由はカードローン等を利用してお金を用意できないからクレジットカード現金化を使ってお金を用意するという点です。
実際カードローンなどを使ってお金を用意しようと思った時は借り入れできるか審査を受けることになります。
審査に通ることが分かっているなら良いですが、審査に落ちることもあります。
それでは結局必要なタイミングでお金を用意できないことになります。
また、クレジットカード現金化を利用する時は既にカードローン等から融資を受けることができなかったという人が使うことも多いです。
なので、そもそもカードローンを利用した時と比較してクレジットカード現金化の利率が高いから利用しないと考えることに意味はないです。
そもそもカードローンを使ってお金を用意するのが困難という時に利用すべきものです。
そこを勘違いしてしまうとクレジットカード現金化を利率で換算すると不利とか思ってしまうことになります。
そもそもなんでクレジットカード現金化を利用するかを考えることでこれを利率で考えることに意味はないことが分かります。

キャンペーンを利用するとよりお得になる

クレジットカード現金化を利用する時にクレジットカード現金化を利率に換算すること自体は意味がないことです。
ただ、どうしてもカードローンを利用した場合と比較したいと思う人もいるかと思います。
そのような人は少しでもお得にするためにクレジットカード現金化の業者が実施するキャンペーンを利用するのが良いです。
このキャンペーンを利用することで通常の換金率よりもかなりお得になることが多いのでこれを積極的に利用すべきです。
そうすれば通常よりもお得にクレジットカード現金化を利用できるようになります。
ただ、クレジットカード現金化自体は借金ではないのでこれとカードローンの利率を比較することはほとんど意味がないです。
なので、キャンペーンを使って利率を下げるという風に考えるのはやめた方が良いです。
あくまでよりお得にクレジットカード現金化を利用するためにキャンペーンを使うというのが良いです。

まとめ

クレジットカード現金化を利用する時にこれを利率換算したらどうなるかというのを気にする人もいるかと思います。
ですが、クレジットカード現金化を利用する意味を考えた時に利率でいくらになるかを考えることは意味がないことに気づきます。
なぜなら、カードローン等を使って借金してお金を用意できないような時に使うべきなのがクレジットカード現金化だからです。
なので、クレジットカード現金化を利用しようか迷っている時にカードローンの利率と比べて割に合わないからという理由で利用しないという判断はしない方が良いです。