他人名義のカードを使ってのクレジットカード現金化は可能なのか

クレジットカードの現金化サービス、審査はありません。
無職の方であってもご利用可能、ただとにかくご自身名義のクレジットカードさえ持っていれば良いのです。
それでは他人名義のカードしかない状況にある方は、絶対にクレジットカードの現金化は利用できないのでしょうか。

家族名義のカードは利用できるのかどうか

主婦の方の場合、ご主人の名義となったカードを使ってお買い物をされているという方は多いのではないでしょうか。
ご主人の承諾を得て利用している以上、ごく普通にお買い物をする分には全く問題なく使いこなせているはずです。
それでは現金化はどうか、お買い物が普通にできるのですからクレジットカードの枠内で買ってそれをリサイクルショップに持ち込み換金して、個人で行う分には全く問題ないのです。
ただそれだと換金率は低く手間も増えます。
忙しい主婦の方にはあまり良いとは言えないやり方でしょう。
換金率が高いのは新幹線チケット・ギフト券といった金券ですがクレジットカード会社に目を付けられやすいのです。
法律には違反しないもののクレジットカード会社の規約には違反していますから、カードの使用停止となったり全額一括支払いを命じられたりと面倒なことになっては大変です。
やめておいた方が良いでしょう。
現金化業者にて家族名義のカードは使えるのか、ほとんどの会社で敬遠されると思っておいてください。
家族の了承を得ていると言ったところでそれが真実かどうかは不明、ややこしいトラブルに発展してしまうと面倒なので避けているのです。
ただ、家族の了承を得ていることが確認できたなら・身分確認ができたら大丈夫といった業者もあります。
探してみてもよいかもしれません。
他人名義のカードを使ったらその方にばれます。
夫の了承を得たからとごまかして何とか現金化を行ったところで、名義人にはばれてしまうことは知っておいてください。
カードで買い物することで履歴が残り、その明細が名義人に発行されるのです。
家計が苦しくなったのでこっそりというのは無理そうです。

他人名義のカードを他人に成りすまして利用することは可能か

名前も男性か女性か分からないようなものもあります。
カードの名義人本人に成りすまして現金化サービスを受けることができそうなものですが、当然詐欺行為で犯罪となるのでやってはなりません。
それに優良業者と言われるところの多くはこのような事態を避けるためにも身分証明書の提示を求めているのです。
保険証や運転免許証など確認されたり、会社に在籍確認の電話を入れたりといった徹底ぶりのところもあります。
決してやってはなりません。

未成年者が親のカードを使うことは可能か

欲しいものがたくさん、それに同居している以上は両親のカードをこっそり手にすることなどいくらでもできます。
ですが未成年者による現金化は絶対に無理でしょう。
親とは言えども他人なのですから成りすますわけにはいきません。
了承を得ていると言っても未成年だと通用せず、個人でやるにも本人確認はあります。

まとめ

家族だからと言えども、ご主人の名前で作られたクレジットカードを現金化に使用するのはやめておいた方が良いでしょう。
個人的にやるのはいろいろとリスクもあり、やってくれる業者もありますがどうせご主人にはばれてしまいますし、対応してくれるのはごくわずかな業者だけです。
それならご主人に事情を話してやってもらった方がスムーズです。